ファンデーションが嫌いでごめん

葛飾区に住むナミです。昨日はチロルで夕食を食べました。チロルに行ったら、ミックスグリルと決めているので、昨日もミックスグリルを堪能しました。私には少しヘビーな感じもありますが、食べきれなかった分はパートナーに食べてもらいました。

一応女子ですから、毎日お化粧はしてるんですよ。ちゃんとね。

BBクリームでごまかしたりしないで、ちゃんとファンデーションで肌を作ってますし、アイシャドーとかチークとか口紅とか、ちゃんと色も使ってますし、あ、つけまつげは苦手なんでしてないですけど、それでもアイラインは引くし、マスカラだってします。そうそう、忘れちゃいけない、眉だってきちんと描いてますよ。で、ここまでやっておいて何なんですけど、苦手なんですよねえ。ファンデーション。なんだか、息ができないような感じがしちゃってダメなんです。皮膚も呼吸してるっていうじゃないですか。それが全部毛穴をふさがれてしまって息苦しくなるようなそんな圧迫感を感じちゃうんですよね。

だけど、若い頃ならともかく、30歳を越えたくらいからお肌ってどんどん見た目が汚くなっていくんですよね。シミ・ソバカスも出てくるし、肌の色そのものもくすんでくるし。そうなると、ファンデーションは欠かせなくなるんです。

20代までは、シャドーの色は何系とか、そういうところに神経もお金も使ったけれど、今となっては大事なのは基礎化粧品。そしてファンデーションなんですよねえ。嫌いなのになあ。UV対策の面からも、ファンデーションは重要。我慢しなくてもつけられる、気持ちの良いファンデーションってないものですかねえ。